眼瞼下垂TOP > 眼瞼下垂の質問集

眼瞼下垂に関する質問と回答

FAQカテゴリー「眼瞼痙攣について」についての一覧です

2012/04/09
最近まぶたがピクピクします。眼瞼痙攣と思うのですが、これを放っておくと眼瞼下垂になってしまいますか?
 眼瞼痙攣と眼瞼下垂の因果関係というのは指摘されていますが、明確な内容についてはまだわからない部分が多いようです。眼瞼痙攣を放置したらといって眼瞼下垂になる、眼瞼下垂が悪化するというのはあまり意識されなくても良いかと思います。

眼瞼痙攣に治療についてですが、軽度の場合はボトックスという注射で改善できます。また、眼瞼下垂の手術「挙筋前転法」でも改善は見込めます。眼瞼痙攣でも比較的重度の場合は、眼瞼下垂の手術の際に眼輪筋を広範囲に切除することで治療はできます。

しかし、デメリットとして眼輪筋の広範囲の切除による皮膚のたるみを生じますので老けた印象になりやすくなります。眼瞼痙攣については病気の治療のひとつです。主治医とよく相談し手術を検討することが望ましいと考えます。
2012/04/09
数年前から頭痛、肩こりなど眼瞼下垂の症状が現れました。その後眼瞼痙攣の症状も出始め、まぶたがぴくぴくしたり瞬きが増えたり、今では目を閉じている方が楽だったりします。この場合、眼瞼下垂の手術をしたら眼瞼痙攣の症状も改善するのでしょうか?
 眼瞼下垂手術によって比較的軽度の眼瞼痙攣の症状は治まります。しかし、眼瞼痙攣の治療目的として眼瞼下垂の手術「挙筋前転法」を受けると言うのはどうかと思います。あくまで挙筋前転法というのは眼瞼下垂の手術であって眼瞼痙攣の治療適応ではありません。眼瞼痙攣だけを治療したいのであれば注射による治療「ボトックス注射」などが有効となる場合も多いです。眼科などで専門的に治療していますが、眼瞼下垂を得意とする医師はボトックス注射による眼瞼痙攣の治療も実績が高いです。
2012/04/09
眼瞼下垂と眼瞼痙攣の症状があります。どちらの治療を優先した方がいいですか?それとも同時に手術できるのでしょうか?
 眼瞼下垂と眼瞼痙攣の治療というのは状態にもよって違います。信州大学などは眼瞼下垂の手術の際に眼輪筋を広範囲に切除することで眼瞼痙攣の治療をおこなっています。その場合は同時にできるというメリットはあります。比較的軽度の眼瞼痙攣であれば一般的に行われている眼瞼下垂の手術「挙筋前転法」で一定の改善は認められます。
眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.