眼瞼下垂TOP > 眼瞼下垂ニュース

眼瞼下垂に関する新着ニュース

福岡の美容外科クリニックで死亡事故発生


2010/10/10

福岡県警中央署は7日、豊胸手術を受けた大分県内の30歳代の女性を麻酔ミスで死亡させたとして、福岡市中央区天神2の「福岡コムロ美容形成クリニッ ク」の男性総院長(57)(東京都港区)と執刀した男性勤務(61)(鳥取県倉吉市)を業務上過失致死容疑で福岡地検に書類送検した。発表によると、勤務医は1月7日、女性の太ももから吸引した脂肪を乳房に注入する手術を実施。太ももに局部麻酔をかけたが、麻酔の量を誤り、女性を急性麻酔中毒による意識不明に陥らせ、2月4日に低酸素脳症に伴う多臓器不全で死亡させた疑い。総院長は手術に立ち会っていなかったが、女性にけいれんなどの症状があるとの報告を手術直後に受けながら、他の病院へ搬送するなど適切な措置を怠った疑い。と読売新聞に掲載。
こういった問題を抱えているのが美容外科医療の現状である。多くのクリニックの医師の経歴を見てください。ろくな研修も受けずに美容外科医として勤務している医師が多い。眼瞼下垂の手術で死亡することはないだろうが、きちんとした知識を持たず、ろくな研修も受けない医師が手術をおこなっている。医師選びは本当に大切なのである。


眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.