眼瞼下垂TOP > 治療費用について

治療費用について

気になる眼瞼下垂の手術費用。保険が適応される場合と保険が適応されない場合がある。しかし、安易に費用で決めてはいけない。

眼瞼下垂の治療費

眼瞼下垂は厚生労働省が定められた健康保険の治療適応として認められています。しかし、眼瞼下垂の治療適応についてはさまざまな意見や見解があり、眼瞼下垂の診断がついたからと言ってすべての人が保険の対象となるわけではありません。あくまで眼瞼下垂の手術は病気に対する治療です。上方視の視野障害や開瞼障害が眼瞼下垂の治療適応です。中にはなんでも保険で治療するという無責任な医師もいますが、やはりそういった医者はモラルだけではなく、医療技術も低いと考えるべきである。


眼瞼下垂の治療費用

保険外治療

比較的軽度の眼瞼下垂や美容目的の眼瞼下垂には保険外治療となります。自由診療ですので費用はさまざまですが、一般的な相場として、40から50万円程度です。

保険治療

保険治療の場合、一般的に5万円前後の治療費用がかかります。医療機関によっては別途、入院費などが加算される場合もあります。保険診療というのは病気、疾患としての治療です。美容目的に眼瞼下垂を行う場合は例え術式が同じであったも保険が認められることはありません。また、片頭痛や肩こりの治療として保険診療は認められていません。


保険外治療は悪徳か!?

眼瞼下垂の手術で絶対に気になるのは治療費用である。自費診療と保険診療同じ治療であっても適応される場合と適応されない場合とは現実にある。保険診療だけしかおこなっていないから優秀か?、逆に保険外だから儲け主義の悪徳か?それは一概には言えない。なぜなら眼瞼下垂の治療適応というのは開きやすさを改善させるものであって、頭痛などの症状を緩和させる目的としては一切認められていない。そのため多くの治療症例を行っているクリニックなどは保険審査が厳しくされている背景がある。そのため医療機関側も厳しくせざる得ないのである。むしろなんでも保険で大丈夫というクリニック程怪しいものはない。返って治療件数などは非常に少ない=経験不足ということも多々ある。



眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.