眼瞼下垂TOP > 上眼瞼切開術

上眼瞼切開術

上まぶたの皮膚のたるみを取ってスッキリとした目元に変わる!!

上眼瞼切開は全切開とも呼ばれ、上まぶたのたるみを切除して目の開きを改善させる眼瞼下垂の手術のひとつです。美容外科においても二重まぶたの切開の代表的な手術になります。皮膚を切除するだけなので大きなリスクが少なく比較的安心して治療を受けることができるのが特徴です。美容外科では"アイリフト"とも呼ばれています。



上眼瞼切開の実際

まぶた全体に局所麻酔をして手術の痛みを除去します。十分麻酔が浸透したら皮膚を切開もしくは切除します。切除の量は皮膚の状態で増減します。皮膚に弛みなどの余裕が無い場合は切開するだけです。次に余分な組織(眼窩脂肪や瞼板前組織など)を切除します。皮膚と瞼板とを糸で固定し皮膚を縫い合わせて終了します。



上眼瞼切開のポイント

上眼瞼切開は二重まぶたの切開法の代表的な手術。また、まぶたのたるみ取りの代表的な手術でもあります。たるんだ皮膚を確実に除去しますので若返り効果は期待できますが、目尻側のたるみが強いケースなどでは切除する皮膚に限界があり、仕上がりに不満を感じる方もいます。目尻側のたるみが強い方などは上眼瞼切開ではなく眉毛下切開の治療適応の可能性もあります。医師とよく相談することが大切です。



上眼瞼切開の効果

腫れ / 内出血 / 腫れによる一時的な左右差 / 傷の赤み(1、2カ月)



筋膜移植法のダウンタイム

上まぶたのたるみを取る治療として最も有効な上眼瞼切開。また、厚ぼったいまぶたの方を二重まぶたを形成させるには非常に有効な上眼瞼切開は多くの医師が手掛けやすい手術のひとつでもある。
上眼瞼切開の主な効果
上方視野の改善 / たるみの改善 / 若返り / 二重まぶた



上眼瞼切開のリスク

腫れ / 内出血 / 腫れによる一時的な左右差 / 傷の赤み(1、2カ月)
※1週間を過ぎて腫れが落ちつても左右差がある場合は修正手術が必要になります。



上眼瞼切開のダウンタイム

一時的には腫れるが他の眼瞼下垂手術と比べると短期間で腫れが引く。概ね4、5日で落ち着きます。
手術の1週間後に抜糸が必要。



眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.