眼瞼下垂TOP > 切らない眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂にも問題はある!!

簡単は方法だからこそ裏もある。メリットとデメリットを理解しておこう。


切らない眼瞼下垂の手術に希望を持つ人は多いでしょう。しかし、簡単な手術だからこそデメリットにつながるリスクも大きいことを知っておくべきです。表面化されない美容医療のデメリットを私たちはあえて公表します。それはこの「切らない眼瞼下垂」は挙筋前転法には遠く及ばない手術であること。受ける側のあなたはしっかりと真実
・事実を知ってその上で治療を受けるべきなのです。専門医とは良いながら本当にいい加減な眼瞼下垂をおこなう医師が非常に多いという現状を知ろう。

元に戻ってしまった 切らない眼瞼下垂の手術で一番起こりうる問題点というのはこの元に戻ってしまったということであろう。残念ながら切らない眼瞼下垂というのは永久的な効果を保証するものではありません。いつ戻るか?というのは誰もわかりません。例を挙げれば2、3日で戻る可能性もあれば数年持続することもあるのです。両方同時に取れればまだ良いのですが、片側だけ取れてしまったら明らかな左右差に悩まされることでしょう。取れるリスクを覚悟しなくてはいけません。 医師によっては数ヶ月で取れることはないと断言している方もいますが、そんな保証はできませんし、糸で止めているだけですからどれくらい持続するかなんて神様しか解り得ません。そんないい加減な医師は避けましょう。
左右差がある 同じような糸で固定するだけの二重まぶたの手術方法として埋没法がある。切らない眼瞼下垂と埋没法との大きな違いはオーバーコレクションだろう。オーバーコレクションとは直訳すると過剰な仕上がり。埋没法にはオーバーコレクションは必要ない。ほぼ希望している仕上がりで整えれば良い。なぜなら埋没法の場合、後戻りはないからである。しかし、切らない眼瞼下垂はそうはいかない。切らない眼瞼下垂は必ず下がる。そのため最終的な仕上がりの位置を想定して希望する仕上がりの位置よりも遥かに高い位置で糸を固定する必要があるからである。そのため左右差を引き起こしやすいのが切らない眼瞼下垂の実情である。また、これ以外にもライン消失の可能性もある左右差は極めて起こしやすいのである。
腫れが強い 埋没法はほとんど腫れることはない。しかし、切らない眼瞼下垂については挙筋腱膜まで糸を引っ掛けるため術野の確保が必要となり、術後の腫れは一般的な埋没法よりも強くなってしまう。ただし、挙筋前転法と比べると腫れは早期に改善するのは事実である。
角膜損傷 極めて起こす可能性の低いトラブルですが、不慣れな医師や雑な手技の医師による切らない眼瞼下垂の手術においては糸が露出し、その糸によって角膜が傷つけられることがある。ただし、切らない眼瞼下垂は正常の術式であっても糸は露出させる必要がある。問題はその糸を露出させる場所、露出の程度が重要なのである。


切らない眼瞼下垂で失敗しないために

切らない眼瞼下垂の手術で失敗しない方法。それはきちんとした医療機関での手術なのか?しっかりと経験のある医師による手術なのかということ以外にはあり得ない。

 ・口コミサイトは参考にしない
 ・紹介センターは利用しない
 ・専門医を理解すること

口コミサイトというのは残念ながらほぼすべてがステマ(ステルスマーケティング)である。飲食など何度でも通ったりすることのできるサービスであれば口コミは一定評価できるだろう。しかし、整形手術というのは一期一会のようなもの。美容整形というのはネガティブマーケティング。しかも個人が特定される可能性があるため口コミというのはほとんどの人は書き込まない。ネットは真実を語りません。現実を知るべきである。
多くの方は利用しないだろう紹介センター。しかし、残念ながら一部のネットユーザーは利用するだろう。紹介センターというのは営利を求める企業であったり個人が運営している。当然ながら提携クリニックだけを紹介するものである。
最後に専門医についてである。美容外科の専門医には2通りがある。ひとつは特段経験を必要としない専門医と、形成外科の基礎をしっかりと学んだ専門医である。ホームページで専門医とあっても本当に専門的な治療を受けることが出来るかは全く別物である。



お勧めの美容外科・形成外科

美容医療に携わって20年の経験を持つ私たちが安心して切らない眼瞼下垂の手術を受けることのできる美容外科をご紹介します。

切らない眼瞼下垂を受けるならここ
眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.