眼瞼下垂TOP > 切らない眼瞼下垂

埋没式眼瞼下垂術

糸で止めるだけでまぶたの開きが良くなる!!

切らない眼瞼下垂

眼瞼下垂で悩んでいる人、眼瞼下垂の手術を受けたいけれど切るのはちょっと… と躊躇している人にとって切らない眼瞼下垂というのはまさに夢のような手術でしょう。しかし、考えてみて。一般的な眼瞼下垂は切る方法が主流なのに切らない眼瞼下垂があるって怪しいと思いませんか? 切らない眼瞼下垂にはそれなりのリスクが伴う手術であって決して誰もが願う夢のような手術ではないということを知っておいて下さい。
切らない眼瞼下垂というのは糸で挙筋と瞼板との弛みを補強する方法で、同時に埋没法と同じように皮膚の折り返し位置を調整する方法です。簡単に言えば糸で瞼そのものを持ち上げて、二重まぶたを形成するということです。確かに魅力的な眼瞼下垂の手術であることは間違いではありませんが、本当にそんなことが可能なのでしょうか? ここでは切らない眼瞼下垂について徹底的に解明していきたいと思います。



切らない眼瞼下垂 〜実際の手術について〜

まず麻酔の注射をおこないます。注射の場所はまぶたの表面と裏側に注射でおこないます。実際の手術の中で痛みを感じるのは麻酔の痛みだけです。麻酔がしっかりと聞いてしまえば手術の際に痛みを感じることはありません。

麻酔がしっかりと聞いたら糸を通すのですが、手術の際にまぶたの裏返しをしやすくしたり、糸の固定などスムーズな手術をおこなうために、結膜側から瞼板に糸を固定します。 準備が整ったら埋没するための糸を通します。通常、埋没法などはまぶたの表面から行うのですが、切らない眼瞼下垂については、瞼板と挙筋の距離を短縮させるため、結膜側(まぶたの裏側)から行います。挙筋腱膜に糸を通します。 予定している二重まぶたのラインから糸を露出させます。これはいわゆる埋没法と同じ原理となります。一本の糸で挙筋と瞼板との弛みをしっかりさせ、希望している二重まぶたの幅で皮膚の折り返し位置を 決定します。 糸を結んで結び目を皮膚の中に埋めこんで切らない眼瞼下垂の手術を終了します。これが切らない眼瞼下垂手術の一連の流れになります。


切らない眼瞼下垂で注意すべきこと

切らない眼瞼下垂の手術で注意すべきことはいくつかあります。どのホームページを見ても切らない、腫れが少ない、傷が残らないなどメリットしか表現されていません。軽い当たり障りのないデメリットを見せかけ上の表現として用いられていますが、怪しい限りなのです。



切らない眼瞼下垂で注意すべき 4つのポイント

その1 切らないは本当か?
「切らない=皮膚を切らない」ではありません。「切らない=皮膚を切り取らない」ということです。基本的には埋没法と同じで、皮膚を数ミリ切開して糸を通しますから若干の切開は必ず必要です。 その2 ダウンタイムが無い?
通常の眼瞼下垂の手術と比べれば当然ながら腫れは少ないです。しかし、埋没法と比べると腫れは強いですし、何より希望する仕上がりよりもオーバーに引き上げるため不自然な仕上がりになることを理解しておきましょう。 その3 仕上がりには日数が必要ない?
「腫れない、腫れが少ない=仕上がりまでの日数が短い」ということではありません。切らない眼瞼下垂というのは戻りを考えておこなうために仕上がり予定の状態よりも、何割かオーバーに仕上げなくてはいけません。その戻りには2、3週間という期間が必要なのです。オーバーコレクションといって「治療し過ぎ:引き上げ過ぎ」でなければ希望する仕上がりにならないのが切らない眼瞼下垂の特徴でもあるのです。 その4 生理的な改善にはならない!!
眼瞼下垂の手術として多くのクリニックで行われている「挙筋前転法」ですが、この術式の最大のメリットは交感神経に関与しているミューラー筋を一切傷つけないということ。しかし、切らない眼瞼下垂は傷跡が極力目立たないという最大のメリットはありますが、ミューラー筋への負担は否めないということを理解しなくてはいけません。



費用の相場

切らない眼瞼下垂は保険は使えません。すべて自費診療となります。保険が使えるというクリニックはないとは思いますが、もしも存在しているのなら保健所に相談されたほうが良いでしょう。不正請求の可能性が極めて高いでしょうから。ここでは切らない眼瞼下垂の一般的な費用の相場についてご案内します。

切らない眼瞼下垂の費用:30~40万円



切らない眼瞼下垂はこんな人に向いている

・仕事などで長期のお休みが取れない
・美容的な目的で受けるべきではない
・元に戻ることがあることを理解している
・とりあえずと考えている人

眼瞼下垂を根本的に治療するのならやはり「挙筋前転法」のようにしっかりとした治療が絶対条件です。きれいごとだけを並べた美容外科医は切らない眼瞼下垂を推奨しますが、それは詐欺行為に近いものでしょう。もちろん、状況によっては切らない眼瞼下垂を選択することがメリットになることもありますが、根治でないことを十分に理解した上で治療することが大切なのです。

眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.