眼瞼下垂TOP > 上眼瞼脱脂

厚ぼったい・腫れぼったいまぶたは脱脂術で治す!

上まぶたの眼窩脂肪を取るとスッキリ目元に変わる。

上眼瞼脱脂+埋没法とは?

上まぶたが腫れぼったい、厚ぼったい。その上一重まぶたとなると憧れるのはスッキリとしたおおきな二重まぶたでしょう。上眼瞼脱脂+埋没法であればそんなあなたの目元の悩みを解消することができるんです。腫れぼったい目の原因は「眼窩脂肪」。そのわずか数ミリの穴から眼窩脂肪を抜き出すので傷の心配もなく安全です。そんな上眼瞼脱脂+埋没法ですが、すべての人に向いている訳ではありません。その人のまぶたの状態によって仕上がりの効果と言うのは大きく違ってくるんです。簡単な二重まぶたの手術だけに期待する効果も大きいのですが、基本的な治療適応を誤るととんでもない竹箆返しが待っているので手術を受けるのならしっかりとしたお医者さんを選ばなければなりません。安いから、近いから、ホームページでなんとなく良い印象を受けたら...それではあなたは失敗します。腫れぼったい、厚ぼったい目を解消し、美しい目元に生まれ変わるならしっかりとした情報を手に入れることが大切です。

上眼瞼脱脂には治療適応がある!!

腫れぼったい、厚ぼったい目だからといってすべての人が上眼瞼脱脂が向いている訳じゃありません。上眼瞼脱脂の治療適応、効果があるタイプというのは腫れぼったさの原因が「眼窩脂肪」の場合だけということを忘れてはいけません。腫れぼったい目、厚ぼったい目元の原因は大きく分けて2つです。ひとつは「眼窩脂肪」、もうひとつは「眼輪筋などの皮下組織」です。後者は皮膚が厚いだけなので基本的には眼窩脂肪を取っても意味はありません。考えて見て下さい。皮膚が厚い人は脂肪を取っても腫れぼったさが改善するはずもありません。未熟な医者はそういった判断もできずに脂肪を少しでも取れば厚ぼったさは無くなるだろうと考え手術を推奨することが多いのですが、それは大きな誤り。二重まぶたというのは皮膚の折り返しでできるものです。皮膚が厚いまぶたに対して簡単に折り返しを作ってしまうと不自然さが残るだけなんです。そういった正確な判断もできない医者が多いという現実を知って下さい。

(上眼瞼脱脂の治療適応) 
 ・眼窩脂肪によるもの  → 上眼瞼脱脂が非常に有効  ・皮膚そのものが厚い  → 切開(上眼瞼切開)が有効

上眼瞼脱脂の実際

腫れぼったいまぶたを改善させたいという方の多くは同時に二重まぶたの手術を希望される人も多いです。そのため脱脂だけということではなく、埋没法を組み合わせて併用して二重まぶたの整形を推奨している美容外科が一般的です。ここでは上眼瞼脱脂+埋没法の実際の手術の流れをご紹介します。

1.カウンセリング
専門医によってまぶたの実際のシュミレーションを作り仕上がりの状態を確認します。仕上がりのイメージを医師と共有しなければ手術は失敗しますので、きちんと確認することと、自分の要望は正しく伝えなくてはいけません。ここでは絶対に妥協してはいけません。

2.手術
いよいよ二重まぶたの手術です。まず最初に仕上がりに応じた適切なデザインをします。デザインが決まればいよいよ麻酔をします。この手術で一番痛みを感じるのはこの麻酔です。しかし、麻酔に対しさまざまな工夫をしているクリニックは非常に多いのでそれほど心配するようなことではありません。通常、麻酔は表面とまぶたの裏側に行います。
麻酔が終わればいよいよ皮膚を切開します。切開する場所というのは仕上がりとなる二重まぶたのライン上に1,2ミリの切開を加えます。(よく切らない!という表現をするクリニックがありますが、切らずに埋没法を行うことはできません。あの表現はすべて嘘ということです。)
次に切開した穴から眼窩脂肪を抜き出します。眼窩脂肪は取り過ぎると窪みますし、不十分なら効果が少ないのでバランスが非常に大切です。ここに医師の経験と巧みな技術があるといっても良いです。眼窩脂肪を除去したら次は埋没法です。先ほど切開した穴から糸を通して結びます。実はたったこれだけの手術なんです。通常、この手術は大きく腫れることはありません。二重まぶたの幅を確認し手術は終了です。

3.術後検診
二重まぶたの整形手術は多くの場合、成功すると検診を面倒がって受ける人は非常に少ないのが実情。しかし、素人判断は絶対に危険です。術後の検診は埋没法の保障を受ける上でも非常に重要です。術後の検診不要という無責任なクリニックもありますが、術後の検診こそ肝心であるということを忘れないでください。

上眼瞼脱脂の効果の持続と安全性

一度取ってしまった脂肪(眼窩脂肪)というのは再発することはありません。逆に言えば取り過ぎてしまった場合、将来的に窪んでしまったりなどのトラブルにもつながるということを忘れないでください。治療直後に満足していれば腫れぼったさについてはずっと続きますので一安心と言っても良いでしょう。 問題は埋没法のほうです。埋没法というのはあくまで糸で固定しているだけなので、糸の緩みや縫合部分の結び目が取れてしまうことです。実は一番多いのが糸の緩みではなく、中の組織が避けてしまうことです。糸を固定している瞼板前組織というのは例えるならゼリーや豆腐のように非常に柔らかいんです。そこに非常に細い糸をかけている訳ですから裂けてしまって仕方のないことなんです。しっかりと癒着してしまえば取れてしまう心配はありませんが、癒着しなければ取れてしまう可能性は残っています。
美容外科医はいかに取れないようにということを工夫するのですが、柔らかい組織であるため現実的には工夫してもあまり影響がないと言われています。気を付けて頂きたいのは絶対に取れない!という美容外科です。絶対に取れない埋没法というのは存在しません。そんな詐欺的な美容外科で手術を受けて成功するはずもありません。

眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.