眼瞼下垂TOP > 下眼瞼下制術の失敗、リスク

憧れのたれ目でやさしいまなざしに変わる

下眼瞼下制術は目尻を下げてたれ目に変わる美容整形手術のひとつ。

下眼瞼下制術の失敗・リスクについて

たれ目を形成する「下眼瞼下制術:グラマラスライン」、呼び名は美しいが決して良い手術という訳ではない。埋没法や切開法など二重まぶたの手術は多くの医師が認めているだけではなく、多くの実績も残しているため整形手術としては良い手術と考えている医師がほとんである。しかし、たれ目の手術「下眼瞼下制術」はそうではない。多くのまともな医師は違う見解であることが多い。理由はそれぞれあるようだが、基本的には得られる効果以上に、引き起こるリスクが高い治療であることを忘れてはいけない。

下眼瞼下制術のリスク

ドライアイ
下眼瞼下制術は結膜側から治療する。瞼板を引き下げることでたれ目にするのだが、多くのケースでドライアイを引き起こす。軽度の数日で改善傾向に向かっているケースであれば問題はないが、改善傾向に向かわない場合や、結膜浮腫などを引き起こしさらに悪化するケースについては角膜損傷など甚大な被害をこうむるトラブルもある。単純なドライアイを軽視してはいけない。素人判断は非常に危険だが、現実的には医師も素人であることが多い。

直線的な仕上がり
たれ目の整形は一番下げたいポイントを決め、そこを中心として左右各1ヶ所、合計3ヶ所を瞼板に糸で固定する。極端に下げ過ぎたり、もともとの形状に無理がかかっている状態なのに固定すると下記のような状態で固定されてしまい不自然な目元になる可能性がある。こういったケースではすべての固定を解除し、再度少し高い位置で固定する必要が高いことが多い。

左右差 もともと人は左右非対称的である。しかし、美容外科医はもともとの左右差を考慮して左右を均等に整えるのが仕事である。中には適当な固定によって片側がしっかりと下がらずに左右差が大きく広がってしまうことある。また、糸で瞼板を無理に下げて固定するだけなので固定が外れてしまう可能性も否定はできない。いずれにせよ、左右差が出現した場合は再手術以外に方法はない。


下眼瞼下制術(グラマラスライン)で失敗しないクリニック選び

クリニックの選び方・カウンセリングの受け方
美容外科の選び方は本当に難しい。ネットの情報はほとんどがステマであることは明らか。なのでネットの情報を信頼すると多くの方は失敗するだろう。たれ目の整形を受けるのなら、基本的には専門医を持つ医師を推奨します。しかし、その専門医も最近では専門医を持っているだけで技術が低いだけではなく、モラルも低い医者も多い。そのため一定の判断基準に該当しなくなってきたということが現実です。
美容外科・形成外科医の経験を最低でも20年以上、開業医なら開業して10年以上過ぎている医師であれば経験が豊富と考えて良いでしょう。 あまり派手な広告や過度の表現。交通費支給やキャンペーンなどのクリニックは避けることをお勧めします。それと注意してほしいのは修正専門や、指導医などです。美容外科に修正専門のクリニックはありませんし、指導医制度もありません。特にホームページなどで自分自身が指導医などと表現している医者に本当に指導医なんていません。本当に指導医であれば大学などの大きな組織で講師や要職に付いているでしょう。
カウンセリングの受け方ですが、イラストやご自身が思い描く女優・モデルさんなどの写真を持参していくと良いでしょう。それと少なくとも4,5か所の美容外科に相談に行くべきです。そうして自分自身の治療適応の判断を仰ぐことが重要です。くれぐれもいろいろな手術方法を併用することを推奨する医師は基本的には疑ってかかるべき。そんな医者にロクなやつはいません。特に眼瞼下垂とたれ目の整形を同日に推奨する医者は問題があると考えて良い。



眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.