眼瞼下垂TOP > たれ目

憧れのたれ目でやさしいまなざしに変わる

下眼瞼下制術は目尻を下げてたれ目に変わる美容整形手術のひとつ。

下眼瞼下制術とは?

たれ目に憧れる女性は年々増加傾向にあります。たれ目はやさしげなまなざし、大きな目の印象を与えることができる美容外科手術のひとつ。下眼瞼下制術はまぶたの裏側から結膜を切開して治療しますので一切傷を表面に残すこともなく誰でも安心して受けることができます。
しかし要注意!! 眼瞼下垂の手術で上まぶたの開き具合を調整するのと同時に下まぶたの形状に変化を加えることでさらに美しい目元にすることができると謳うクリニック。そこに大きな落とし穴がある。上下の開き具合を調整すると過剰なドライアイに陥る危険性。これはかなりの頻度で起こりうる問題である。同時併用を推奨する美容外科は要注意。避けるべきである。

下眼瞼下制術の治療の流れ

1.カウンセリング
専門医によってまぶたの状態を診察し、シュミレーションで二重まぶたを作ります。そのシュミレーションが仕上がりの結果なので、妥協せずご自身の希望を医師に正確に伝えましょう。

2.手術
点眼薬で表面の麻酔をします。次に下まぶたの切開範囲に局所麻酔を施します。麻酔が十分浸透したら下瞼の裏側(結膜側)から切開し、CPFと呼ばれる線維性組織を露出させます。CPFと下眼瞼瞼板下縁に糸をかけて、下眼瞼を下制させます。傷を縫合して手術は終了です。

3.術後検診
結膜側の縫合は吸収される糸で縫合しますので抜糸は不要です。下眼瞼下制術を受けられた3ヵ月から6ヵ月後には治療をおこなった医師の診察を受けましょう。

下眼瞼下制術のトラブル  早めの対処で大きなトラブルへの進展を防ぐ

▼ドライアイ 
体質的に糸が合わないケース。手術の際に糸が上手く埋没できなかった場合などに皮膚から糸の結び目が透けて見えたり、埋没法の糸が露出してしまうなどのトラブルです。下手な医者などであれば、結膜側に糸が露出してしまい、ゴロゴロ感が続いたり、異物感、痛みを伴うことがあります。
埋没法で違和感を感じたら速やかに治療を受けたクリニックで医師の診察を受けることが必要です。

▼異物感  
埋没した糸の結び方が強かったり、適切な位置で固定されていない場合に限り埋没法は大きな腫れが起こります。通常の埋没法では大きく腫れることはありません。
埋没法で固定した糸の周囲に雑菌が侵入し、糸の結び目周囲で化膿した状態は基本的に内服で落ち着くかせるのは難しい。一旦糸を抜いて再度掛け直すことが最終的には早い仕上がりを手に入れることが多いです。

下眼瞼下制術の一般的価格

一般的な下眼瞼下制術の相場 30万円から40万円

眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.