眼瞼下垂TOP > 目頭切開FAQ

目頭切開に関するご質問はココ!!

慎重に考えて!あなたにとって本当に目頭切開は必要ですか?

目頭切開に関する質問集

目頭切開はすべての人がハッピーになれる喜ばしい手術じゃない。自分にとって本当に目頭切開が必要か?本当にきれいになれるのか?目頭切開についていろいろな疑問・質問にお答えします。


目頭切開の失敗にはどういったものがありますか?失敗の頻度、可能性というのはどれくらいあるものなんでしょうか?
目頭切開の失敗には、左右差、目頭切開の効果が無かった、傷が醜いなどさまざまな失敗があります。目頭切開の失敗はほとんどのケースは医者の技術的な問題です。しかし、忘れてはいけないことがあります。それは目頭切開が必要の無いケースであるにも関わらず、目頭切開を受けてしまった場合です。基本的にパッチリとした大きな目にしたい!という要望を出せば美容外科医はこぞって「埋没法+目頭切開」の併用手術を勧めてくるでしょう。もちろん、これが正しいこともありますが、目頭切開をおこなったからと言って必ずしもパッチリとした大きな目に変われると言い難いものです。ひと昔まえまでは「目頭切開=平行型」の二重まぶたとセット的なPRをしていた医師もいましたが、現実には平行型の目元にするには目頭切開を必要とはしません。蒙古襞の皮膚よりも高い位置に二重のラインを設定すれば平行型の二重まぶたになるんです。
ただし、その二重まぶたの幅がどうかということです。極端に幅の広い状態にしなくてはいけなケースなどはあきらかに不自然になりやすいんです。その場合は目頭切開で皮膚を切除することで蒙古襞の引き攣れを解除し、二重の幅をあまり広めに設定しない平行型の二重まぶたにすることができるんです。
よくみなさんの質問にどれくらいの確立で失敗しますか?と聞かれます。しかし、それは非常に難しい回答です。なぜならクリニックによって激しい違いがあるからです。目頭切開を含め二重まぶたを得意とする医師は失敗の可能性は限りなく低いですし、下手な医者は失敗の確率が非常に高く、多くのトラブルを抱えているのが現実です。さらに言えば、仮に失敗したとしても修復できるリカバリーできる失敗であれば問題はありませんが、修復が困難な失敗というのは本当に最悪なものなのです。

●目頭切開の失敗
 ・過剰な皮膚の切除による不自然な目元への変化
 ・左右のデザイン、皮膚切除の違いによる左右差
 ・切開したにも関わらず効果がない
 ・目頭が丸く不自然、傷もおかしい


眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.