眼瞼下垂TOP > 目尻切開

「目尻切開で目を大きくする」は嘘!?

失敗しない目尻切開を受けるために目尻切開の知っておきましょう。

  • 目尻切開とは

目尻切開

目尻切開というのは目の外側を横に広げて目を大きくする美容整形手術のひとつで、切れ長のまなざしで魅力的な目元に変化させることができるので人気があります。二重まぶたの手術と併用して目元に大きな変化を加えたり、たれ目の手術「グラマラスライン(下眼瞼下制術)」と併用する人が多い。



こんな目は目尻切開に向いている!! こんな人には向いていない!!

目尻切開で大切なのは手術の適応があるか否かです。もちろん、医者の技術も影響はしますが、多くのクリニックは治療適応がないにも関わらず平気で手術を請け負うため効果がない!などの問題を引き起こすケースが多いのです。



目尻切開の実際


基本的には局所麻酔で十分です。目尻切開で痛みを伴うのは局所麻酔。中には静脈麻酔を併用することもあるそうですが、あまりお勧めはしません。
麻酔のお薬が浸透し、麻酔の効果が現れたらいよいよ目尻の皮膚・結膜を切開します。必要に応じて上下の皮膚をトリミングして切除し広げたり、形状を整えます。次に皮膚と粘膜とを縫合します。状態によっては横向けのW型に切開することもあります。クリニックによっては縫合した糸や外側に向けて固定する糸をさらに横に広げて固定することもあるようです。





目尻切開の手術の通院は抜糸と術後の経過観察のための通院が必要です。例え遠方であっても目尻切開の後の通院は通いましょう。抜糸の期間というのは切開した範囲や術後の固定によっても違ってきます。詳しくは担当する主治医の指示に従って下さい。



目尻切開は不自然であることを知ろう

目尻切開というのは埋没法など二重まぶたの手術と比べ誰でも絶対に不自然になるということは知っておくべきです。なにが不自然かというと、目尻切開によって広がった部分というのは上下のまつ毛がありません。もちろん、メイクをすれば一定のごまかしは効きますが、スッピンの時は広がった部分は欠損している状態です。これはどんな名医であっても結果は同じです。もともと毛が無いところを広げた訳ですからね。そういったことを知った上で目尻切開に望まないと手術後に後悔することになりかねません。
美容外科医は目が大きくなるよ!きれいになる!そんな甘い誘い文句しか言いません。

眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.