眼瞼下垂TOP > 眼瞼下垂になると

眼瞼下垂になると

眼瞼下垂になると、「目が開けにくい」、「片頭痛がある」、「肩凝りが酷い」、「眠そうな目に見られる」などさまざまな症状を引き起こすことになる。 こういった眼瞼下垂の症状というのは最近のメディアでも伝えられることが多く、一般の人でも認知度が高くなってきている。しかし、眼瞼下垂はこれらの症状だけではない、中には交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、不定愁訴やうつ症状などさまざまな症状を呈することも多い。それほど目に関係している神経の支配というのは重要なのである。眼瞼下垂の手術によってさまざまな症状を改善させることで日常生活の質を大きく変えることができることも多い。心配な人は専門医によく相談しよう。
※眼瞼下垂は病気の治療として健康保険の治療適応として認められています。しかし、それらはあくまで開瞼障害に対する治療であって、症状改善のための治療として認められている訳ではありません。当サイトの7割の方は保険が使える病院を紹介してほしいという相談です。しかし、保険適応とされる眼瞼下垂というのはあくまで開瞼障害といって「目を開けることに障害がある」という範囲です。片頭痛や肩こりがあるからといってすべてが保険治療が適応される訳ではありません。レーシックを例に考えて下さい。レーシックは視野を改善させるための治療です。しかし、健康保険は認められていません。なぜなら広い意味での視力の低下はメガネで矯正できるからです。それと同じように片頭痛や肩こりがあるからといっても内服など代用できる治療があります。そのため眼瞼下垂はすべての方に保険適応される訳ではないんです。



眼瞼下垂からの脱却

眼瞼下垂になると日常生活でもさまざまな支障が出る。そんな眼瞼下垂の状態から脱却する方法は現実には手術以外に方法はない。美容雑誌などインチキメディアなどでは眼輪筋を鍛えて眼瞼下垂を治す!などの紹介を目にするが、眼輪筋を鍛えたところで眼瞼下垂が治る可能性は「ゼロ」。いくら鍛えても眼瞼下垂が治ることはない。それとは逆に眼瞼下垂が悪化する可能性の方が高い。絶対に避けるべきことを平気で掲載していることもある。
また、切らない眼瞼下垂も同様である。糸で止める眼瞼下垂を推奨しているクリニックもあるが、いわゆる「埋没法」で眼瞼下垂は治療できない。効果についても疑問視されているどころか、眼科学会、形成外科学会では術式について議論さえもされない。なぜならインチキ療法の代表的な治療だからである。そんな医療モラルのない術式を儲かるからといって平気で治療する医療機関での治療はリスク以外に背負うものはない。眼瞼下垂でそういったトラブルに巻き込まれないようにするためには自分自身が正しい認識、知識を持つことである。



眼瞼下垂の手術について詳しくご案内

眼瞼下垂情報サイト各コンテンツリスト
眼瞼下垂トッププライバシーポリシーお問い合わせ運営者情報
Copyright(C) biyou104 All Right Reserved.